一戸建て賃貸のメリット・デメリットを紹介

一戸建てでも持ち家と賃貸の選択があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。一軒家の賃貸は、その手軽さと一戸建ての良さを同時に持っているので、貴重な物件と言えます。一戸建ての良さといえば、騒音の心配がないことや、収納スペースが豊富なことなどが挙げられます。これは特に小さな子供のいる家庭ではメリットになり、住み替えの選択肢の一つになります。

一戸建てであることは庭や駐車場があることでもあり、そのメリットは大きいと感じる方もいるでしょう。家族の多い方の住み替えの候補としては、部屋の数や収納スペースの多さは大変魅力的です。対局にはマンションの所有がありますが、それと比較するとメリットとデメリットが見えてきます。マンションでは駐車場は大抵1台分しかとれませんが、それ以上の台数分が確保できるのという魅力があります。広い敷地があることは騒音問題を解決してくれると共に、家族が伸び伸びと生活する環境を与えてくれます。

一軒家でも賃貸であるためにさまざまな不都合を解決してくれます。まず、資産の所有で発生する税金は賃貸ではかかりません。資産の所有は思っている以上の経済的負担がかかってしまいます。所有のために発生する税金以外でも、住宅ローンを借りる必要がないというメリットは計り知れません。住宅ローンは借りた金額だけの返済ではなく、金利負担もあるので大変です。同じ条件の住まいでも、税金面やローン返済の負担がないのはメリットになると言えます。

少子高齢化の社会ではこれまでの住宅の常識が通用しません。所有から賃貸への動きと、郊外の新築一戸建てから都心部のマンションや中古一戸建てへの動きは止まらない流れをつくっています。その流れの中でこれから住宅を確保しようとした場合、一戸建て賃貸はとても魅力的な物件です。しかし、誰もが魅力的な物件は当然競争率が高くなり、確保するのが大変になります。住宅を探す場合は早くからさまざまな物件を調べて選択肢を広げ、不動産業者などをあたる必要があります。

一戸建ての持ち家では周辺の立地や災害に遭いにくい地域であることが絶対的な条件となっていましたが、賃貸ではそこまで気を使う必要はありません。転勤などで異動が多い生活をしている場合は無理に所有にこだわらずに、賃貸で物件を探す方法が適している場合もあります。探す手間はかかるものの、住み替えのストレスはさほどありません。周辺の環境が気に入らなければ転居すれば良く、メンテナンスの出費もないので経済的にも楽なはずです。都会で住宅を探す場合は、一戸建て賃貸は有力な選択肢となります。