中古の一軒家をリノベーションで使用はアリ?ナシ?

持ち家は必ずしも新築だけが選択肢ではなく、中古の一軒家も候補の一つとなります。高度経済成長期においては新築一戸建てが大量に供給されましたが、少子高齢化の時代を迎えて余剰の住宅が発生するようになりました。これから住宅を求める場合は、リノベーションした中古住宅がコスパの良い一軒家として候補に挙がります。中古の一軒家は間取りの自由はありませんが、リノベーションにより軽微の変更が可能になるので、リノベーションを検討することも勧められます。

中古住宅の最大のメリットは、何といっても経済的なお得感です。新築で同等の広さの物件と比較しても、かなり安い価格で一軒家を手に入れることができます。建築基準法に適した範囲のリノベーションでは自由度も高く、内装や設備を変えることも可能です。リノベーションの費用は一定額かかりますが、新築を建てる場合と比べて価格は格段に安く済みます。不動産取引のための費用は発生するものの、コスパのメリットは変わりません。

中古住宅は建物だけなく、同時に土地の入手もすることができます。新築の一軒家では入手が困難な都心部においても、中古ならば手に入れることが可能な場合もあるでしょう。郊外の新築と都心部の中古の比較をし、自分に合った選択をすることは無駄ではありません。新築は軟弱地盤など土地に対するリスクが存在しますが、中古はそのリスクが低くなるので安心です。

一方、中古住宅にはある程度の傷や汚れ、老朽化は避けることができないというデメリットがあります。購入後に傷を直そうとして思った以上に多額の費用がかかってしまったというケースもあります。しかし、木造住宅は古いからといって構造的な耐久性が著しく低下するものではありません。特に在来工法は木材が鉛直方向に使われている柱で荷重を支えるため、耐力があまり低下しません。耐震性は過去の地震の履歴によって変わりますが、傾きが限度内であれば問題は少ないと言えます。しかし、2×4工法や軽量鉄骨造の場合は材料の劣化が激しい場合があり、耐震性のチェックが必要です。

古い住宅の技術的なチェックは中古住宅診断士に依頼できます。建築士の資格を持つ人たちが技術的なチェックをするので、建物の老朽化の判断や購入後に失敗してしまうというデメリットを解消してくれます。建築が2000年以前の住宅は現在の建築基準法による耐震基準よりも劣った基準によって建てられているので、耐震性を診断する必要があります。診断によって耐震性が劣っている場合は耐震補強の手法もあるので、諦めるケースは少ないと言えます。木造の在来工法で建てられた住宅は全国の大工さんが補修することができるので、長く使い続けることができるメリットがあります。