建売住宅と注文住宅で一軒家の価格は違う!

建売住宅と注文住宅では、同じ一軒家でも価格が異なる場合があるので注意する必要があります。住宅の価格は面積と仕様によって決まりますが、それぞれの会社の利益率や材料の調達や職人の手配などが関係して違いが出てきます。注文住宅のような一軒家は建物の価格以外に土地代がかかり、さらに手付金や土地取引に付随した費用が発生します。手付金は取引が順調に進めば土地代の一部になりますが、土地取引に関する費用は別に生じます。

建売住宅と注文住宅では、どの会社も工事費用の算出方法に大きな違いはありません。しかし、売り手側の都合や物件それぞれの事情により価格に違いが発生するのです。建売住宅は事前に買い手が分からないため、標準的な間取りや仕様のものが供給される傾向にあります。一方、注文住宅は注文主が理想の住まいを追求するために予算が上昇するのが一般的です。そのために、建売住宅と注文住宅で価格を比較すると違いが生じることになります。

建売住宅の場合でも買い手が理想を追求して仕様の変更を要求したりすると、余分な工事費が発生することになり、注文住宅と比較してもさほど変わらない予算になることもあります。価格を抑えるためには理想を追求し過ぎないことも必要です。以前の建売住宅は工事費用を抑えて安く消費者に提供する傾向にありましたが、近年は性能を向上させて工事費用が高めになるケースもあるようです。いずれにしても、必ずしも建売住宅が安いわけではなく、注文住宅でも工事費を安く抑えることも可能となります。

住宅において価格をより抑えるには、面積を小さくして住宅設備のグレードをランクダウンすることも方法の一つです。面積を一定に抑えることで、住宅の工事費用は確実に下がります。さらに、住宅部材や設備のグレードを低くすることでも工事費を抑えることができます。また、経済が逼迫していない時期に工事を依頼すると材料費や人件費が安くなり、結果として工事費用を抑えることが可能となります。

住宅の工事全般に言えることは、途中で変更をすると価格が上昇する傾向にあります。従って、計画の段階で後に変更が必要ないように中身をしっかりと詰めておくことが大切です。建売住宅の場合でも、できている建物に一部でも変更を加えると余分な経費負担が発生するので、やめたほうが無難です。さらに、設備や材料のメーカーを施主が指定した場合も工事費が高くなります。なぜならハウスメーカーは大量の仕入れをすることにより費用を抑えているので、少数の仕入れでは単価が高くなるからです。