注文住宅のメリット・デメリット徹底検証

モダンなリビングルーム

多くの住宅の中で、注文住宅はいくつかのメリットとデメリットがあります。メリットとしては自由度が高いことが挙げられ、プランや予算などが自由に組み立てられることが魅力です。デメリットとしては、完成した姿が見られない点が挙げられます。分譲住宅は購入前に完成した姿を見ることが可能ですが、注文住宅ではそれができません。外観や室内を立体的な絵にしたパースやCGにより、ある程度の完成予想をすることはできますが、完全ではないことに注意しておく必要があります。

また、注文住宅は建築現場を確認できるメリットがあるので、その機会を存分に楽しむことが期待できます。基礎工事から始まる建築現場は、柱などを組み上げる躯体工事から仕上げへと進みます。ゼロから自分の家ができていく様子を見ることは、注文住宅ならではの楽しみと言えるでしょう。建築現場では職人と話をすることができ、お礼を言うことも可能です。さらに、地鎮祭や上棟式は注文住宅でなければできないことでしょう。

しかし自由度の多い注文住宅で失敗しやすいのが、予算をオーバーしてしまう可能性があることです。自由な設計ができる注文住宅において魅力的な住まいを追求するあまり、つい面積をオーバーしてしまうことも珍しくはありません。理想を追って魅力的な住まいをつくろうとした結果、予算がオーバーしてしまって計画をやり直すといった失敗も少なからずあるのです。予算の調整は面積が大き過ぎる場合は難しく、プランからやり直さなければなりません。予算を超えてしまった場合は理想の追求し過ぎは控え、費用を抑える工夫することが大切です。費用を一定の範囲内に抑えるためには、面積を大きくし過ぎないことが必要となります。面積が妥当であれば、仕上げの変更で予算を調整することも可能です。

そして、注文住宅の大きな魅力は自分の望んだ家を建てることができる点です。例えば、居間を大きくして家族の団欒時間を増やそうとしたり、キッチンを充実させて主婦の家事を楽にしたりすることが自由にできるようになります。地震が心配だとしたら、壁を耐震性の強いものにしてもらうことで安全性を確保することもできます。また、屋根を耐久性のある瓦にすることは分譲住宅では難しい場合もありますが、注文住宅ならば可能となります。

初めから要望を聞いてもえる注文住宅は分譲と比較して自由度が多く、施主にとってはやりやすいと言えます。理想的な家をつくるためにはプランや予算に関する考えをはっきりさせ、それをハウスメーカーの担当者に伝える作業が欠かせません。要望の全てを盛り込むのではなく、優先順位により選択する姿勢が大切です。